個人ブログでも必須!WordPressのお問い合わせフォーム作成方法

WordPress

「WordPressでお問い合わせフォームを作りたいけどどうしたらよいのか?」

「WordPressでお問い合わせフォームを作れるプラグインはないのか?」

というあなたのために、WordPressでのおすすめフォーム作成プラグインと、そのフォーム作成プラグインの使い方を解説したいと思います!

ホームページ制作会社に、お問い合わせフォームの作成を依頼すると、高い料金を請求されることが多いので、WordPressのプラグインでお問い合わせフォームを自作したほうが、絶対に良いです

 

また会社のホームページだけではなく、個人のブログでもお問い合わせフォームを作成した方が絶対に良いです

個人ブログを作成した当初は「こんなショボいブログにお問い合わせは来ないだろうな〜」と思いがちですが、ブログを継続して、アクセスが徐々に増えると、お問い合わせは意外と来るようになります

  • ユーザーからお問い合わせが来て、それをきっかけにファンが増え、ユーザーとの交流が活発になった
  • 広告業者から広告掲載の依頼が来て、ブログから広告収入が発生した
  • 記事作成の依頼が来て、これをきっかけにWebライターとしても活躍

私も上記のケースは経験していますね

お問い合わせフォームを設置しないと、このようなチャンスを逃すことになります

個人ブログを運営しているあなたも、アクセスが集まっていなくても、今後のために必ず個人ブログでもお問い合わせフォームを作成してください

おすすめのWordPressフォーム作成プラグイン2つ

WordPressでお問い合わせフォームを作成できるプラグインはたくさんありますが、たくさんのプラグインを試すのも大変です

そこでおすすめのフォーム作成プラグインを、2つだけに絞って紹介したいと思います!

 

Contact Form7

Contact Form7

サイト:Contact Form7

WordPressで一番人気の、お問い合わせフォーム作成プラグインが「Contact Form7」です

HTMLなどの知識が必要なく、簡単にお問い合わせフォームが作れるのが人気の理由です

インターネット上でもContact Form7の情報量が多く、自分で調べてお問い合わせフォームをカスタマイズすることも簡単に行なえます

 

Googleフォーム

Googleフォームも簡単に、お問い合わせフォームを作成することができます

お問い合わせフォーム以外にも、アンケートのためのフォームも作成でき、アンケートの結果を効率よく収集する機能もあるので、アンケートなど結果を分析する必要があり場合は、Contact Form7よりGoogleフォームがいいと思います

 

Contact Form7の使い方

Contact Form7の基本的な使い方

WordPressのメニューから「プラグイン」「新規追加」を選択し、「Contact Form 7」で検索するとContact Form7が表示されます

「今すぐインストール」を選択してContact Form7をインストールし、インストール後に「有効」を選択してContact Form7を有効にします

Contact Form7

 

お問い合わせフォームで日時を入力させる場合は、「Contact Form7」と同様の手順で、「Contact Form 7 Datepicker」もインストールしておきましょう

Contact Form7

 

「お問い合わせ」のメニューが追加されているので、「お問い合わせ」「新規追加」を選択します

Contact Form7

 

下の図のような、名前、メールアドレス、題名、メッセージ本文の入力項目と送信ボタンがある、お問い合わせフォームが自動的に作成されます

Contact Form7

このままでも使うことができます

コンタクトフォームのタイトルだけを、自分がわかりやすいタイトルに変更します

 

「メール」のタブを選択すると、以下の画面が表示されます

ここでお問い合わせフォームから送信した時に、どのようなメール内容にするか設定することができます

まず「送信先」の項目が、自分が受信したいメールアドレスになっているか確認してください

Contact Form7

メールタグというものがあり、赤字で囲まれている部分がメールタグになります

メールタグを使用することによって、お問い合わせフォームで入力した内容を表示させることができます

今回はお問い合わせフォームの設定で、以下のようにメールタグを設定しています

<label> お名前 (必須)
[text* your-name] </label>

<label> メールアドレス (必須)
[email* your-email] </label>

<label> 題名
[text your-subject] </label>

<label> メッセージ本文
[textarea your-message] </label>

なので今回のメールタグは以下の内容が表示させるようになっています

  • [your-name] → お問い合わせフォームで入力された名前
  • [your-email] → お問い合わせフォームで入力されたメールアドレス
  • [your-subject] → お問い合わせフォームで入力された題名
  • [your-message] → お問い合わせフォームで入力されたメッセージ内容

 

「保存」ボタンを押すと、お問い合わせフォームの設定が保存されます

Contact Form7

 

次にブログの記事などで、設定したお問い合わせフォームを表示させます

お問い合わせフォームを保存すると、以下のメッセージが表示されるので、赤枠で囲まれた部分をコピーします

Contact Form7

 

固定ページやブログ記事の編集画面で、以下のようにコピーした文字を貼り付けます

Contact Form7

 

すると以下のように、お問い合わせフォームの画面が表示されます

Contact Form7

 

 

Contact Form7のカスタマイズ方法

Contact Form7のカスタマイズ方法について解説します

例えば電話番号をお問い合わせフォームに追加する場合を考えてみます

 

お問い合わせフォームの項目の追加は、上部のあるボタンから行うことができます

Contact Form7

 

今回は名前を入力する項目と、メールアドレスを入力する項目の間に、電話番号を入力する項目を設置したいと思います

名前を入力する項目と、メールアドレスを入力する項目の間の部分を選択してから、「電話番号」を選択します

Contact Form7

 

以下のような設定画面が表示されるので、赤枠の項目を設定します

Contact Form7

  • 項目タイプ:電話番号を必須入力にしたい場合は、チェックをつけます
  • 名前:任意の名前を設定します この名前がメールタグの名前になります
  • デフォルト値:ユーザーが入力しやすいようにデフォルト値を設定します 「プレースホルダとして使用する」にもチェックをつけます

設定したら「タグを挿入」を選択します

 

以下のようなタグが挿入されました

Contact Form7

 

メールアドレスなどの項目を参考にして、電話番号のラベルを作成します

Contact Form7

 

メールタブで、メッセージ本文の中にお問い合わせフォームで入力された、電話番号を表示させる設定をします

Contact Form7

この設定を行わないと、お問い合わせフォームから送信された内容に、電話番号の内容が含まれないので注意してください

 

これでお問い合わせフォーム設定を保存して、固定ページなどに貼り付けると、以下のように電話番号の項目が追加されました

Contact Form7

 

お問い合わせフォームから入力して送信すると、実際に以下のようにメールを受信することができました

Contact Form7

必ずお問い合わせフォームから、正しくメール受信できるかどうか確認してください

 

Googleフォームの使い方

Googleフォームは本来アンケートのためのフォールを作成するツールですが、お問い合わせフォームも簡単に作ることができます

Contact Form7よりも簡単にお問い合わせフォームが作成できるのが、Googleフォームのメリットです

ただお問い合わせフォームの内容はGoogleフォーム内でしか確認できないのが、Googleフォームのデメリットです

 

以下のサイトにアクセスして、お問い合わせフォームを作成します

Googleフォーム – アンケートを作成、分析できる無料サービス

 

「Googleフォームを使う」を選択します

Googleフォーム

Googleにログインしていない場合は、ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントでログインします

 

いろいろなテンプレートを選択できますが、今回は「Blank」を選択します

Googleフォーム

 

お問い合わせフォームのタイトルと、お問い合わせフォームの説明を入力します

Googleフォーム

 

お問い合わせフォームの一番最初の項目が、選択形式になっているので、文章を入力する形式に変えたいと思います

右側にある「Multiple choice」を選択します

Googleフォーム

 

以下のメニューが表示されます

この項目は「名前」を入力させたいので、短い文を入力させる「Short answer」を選択します

Googleフォーム

お問い合わせフォームでよく使う質問形式を紹介します

・Paragraph

長い文章を入力する質問形式です

Googleフォーム

 

・Multiple choice

複数の選択肢から1つを選択させる方式です

Googleフォーム

 

・CheckBoxes

いくつもチェックできる選択肢を表示する形式です

Googleフォーム

 

・DropDown

ドロップダウンリストが表示されます

選択肢が多い場合は、Multiple choiceよりこちらのDropDownを使用しましょう

Googleフォーム Googleフォーム

 

・File Upload

特定のファイルをアップロードさせたい時に利用します

Googleフォーム

 

・Date、Time

日付を入力する形式です

Googleフォーム

 

「Short answer」を選択すると、以下のように文章を入力する方式に変更されます

Googleフォーム

 

質問のタイトルを設定し、入力必須の項目の場合は「Required」にチェックをつけます

これで1つの項目が作成できました

Googleフォーム

 

右側にあるメニューで新しい項目の追加が行えます

Googleフォーム

 

項目をいくつか追加したら、右上にあるプレビューのボタンで、プレビューを見ることができます

Googleフォーム

 

今回は名前、メールアドレス、電話番号、題名、メッセージ本文の項目があるお問い合わせフォームを作成しました

Googleフォーム

 

お問い合わせフォームが完成したら、WordPressの固定ページや記事に貼り付けましょう

右上になる「SEND」を選択します

Googleフォーム

 

<> のアイコンをクリックして、「COPY」を選択します

Googleフォーム

 

WordPressの固定ページや記事に貼り付ける場合は、必ず「テキストモード」してから貼り付けましょう

Googleフォーム

 

自分のホームページやブログに、このようなGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームが表示されます

Googleフォーム

 

送信されたお問い合わせ内容を確認するには、「RESPONSES」のボタンを選択します

Googleフォーム

 

このような感じで、お問い合わせの内容を確認することができます

Googleフォーム

 

まとめ

「Contact Form7」「Googleフォーム」を利用すれば、初心者でも簡単にお問い合わせフォームが作成できるので、この記事を参考にWordPressでホームページやブログを作成した時には、必ずお問い合わせフォームを作成しましょう

個人ブログを作成するときでも、ユーザーとの交流のきっかけをつくるために、個人ブログでも必ずお問い合わせフォームは作成しておきましょう

集客に困っている中小企業で経営者、個人事業主の方へ、集客できるホームページを作成いたします

「デザインの良いホームページを作ったが、いつまでたっても集客できない」
「何十万の費用をかけて、ホームページを作ったのに、1年間に数回しかお問い合わせが来ない」
と嘆いているあなたへ、月額9,800円で集客できるホームページ+ブログを構築いたします

お問い合わせ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

このホームページが役に立ったと思ったら、クリックをお願いします


ネット広告・マーケティングランキング

 

またLINE@でも、役に立つ情報を発信しているので、友達登録よろしくお願いします!

友だち追加

友達登録すると、無料特典で集客できるホームページの作り方集大成の資料がダウンロードできます!

またQRコードからも、お友達登録できます

Web沖縄のQRコード

カテゴリー

月別記事一覧