これだけは知っておきたいSEOツールでのキーワード選定方法

SEO

  • HOME
  • ブログ
  • SEO
  • これだけは知っておきたいSEOツールでのキーワード選定方法

はじめに

ホームページやブログを作り、「さあ集客するためにSEO対策を始めるぞ!」という場合…

「どういうキーワードでホームページやブログを書いたほうが良いのか?」

「SEO対策にはキーワード選定が重要らしいが、どうキーワード選定をするのか?」

「キーワードプランナー、サーチコンソールなど色々なツールがあるけど、どうやって活用するのか?」

という悩みがあると思います

ネットで調べてもツールの紹介だけで、有効的な使い方を解説しているサイトはとても少ないです

 

そこでキーワード選定のための有効なツールと、そのツールを有効に活用したキーワード選定の方法を初心者にもわかりやすく解説したいと思います!

 

キーワード選定に必須の3つのツール

キーワード選定を行う前に、最初にキーワード選定に必要なツールを3つ紹介します

最低限これらのツールは、必ず使いこなせるようにしてください

 

1.GoodKeyword

GoodKeyword

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

 

入力したキーワードに関連する、関連キーワード一覧を抽出してくれるサイトです

使い方は簡単で、こういった感じでキーワードを入力して、検索ボタンを選択だけで

GoodKeyword

 

このような感じで関連キーワード一覧や、Googleトレンドの人気度も表示されます

GoodKeyword

自分が思い浮かばなかったキーワードもたくさん出てくるので、表示された関連キーワード一覧はエクセル等にメモしておきましょう

 

2.Googleキーワードプランナー

キーワードプランナー

Google広告

 

キーワードプランナーは、Google広告の中で使えるツールの1つです

関連キーワードの他にも、どれだけユーザーに検索されているかなどを確認できます

Googleアカウントがあり、Google広告に登録すれば、誰でもキーワードプランナーを使用することができます

 

キーワードプランナーの使い方は下の画面で、Google広告に登録していない場合は、左下の項目を入力してユーザー登録を行います

すでにGoogle広告に登録している場合は、右上のログインボタンでログインします

キーワードプランナー

 

メニューから「ツール」「キーワードプランナー」を選択します

キーワードプランナー

 

「新しいキーワードを見つける」を選択します

キーワードプランナー

 

キーワードを入力して、検索を行います

キーワードプランナー

 

以下のような検索結果画面になります

  • 月間平均検索ボリューム → 月にそのキーワードで検索されている回数
  • 競合性 → そのキーワードでGoogle広告を出している企業が多いと高、企業が少ないと低になる
  • 入札単価 → 広告を出稿した時の広告費

 

ここでのポイントは入札単価にあります

キーワードは大まかにわけて「調べる系」「購入する系」2つのキーワードがあります

「調べる系」のキーワードは主に物事を調べるために入力するキーワードで、「購入する系」のキーワードは、商品やサービスを購入したい時に入力するキーワードです

「調べる系」のキーワードは入札単価が低くなり、「購入する系」のキーワードが入札単価が高くなる傾向があります

 

 

この図で考えると入札単価が高い「沖縄 ホテル 格安」が「購入する系」キーワードで、入札単価が低い「沖縄 観光 ランキング」が「調べる系」キーワードになります

 

「それじゃ!入札単価が高いキーワードで記事を書くと儲かるのか!」と思われがちですが、そうでもないのがキーワード選定の難しさです

そういうキーワードは、強力なライバルサイトが多いで注意です

実際に「沖縄 ホテル 格安」で検索すると、大手旅行サイトがほとんどを占めており、上位表示は難しいです

ライバルサイトの強さは、実際にそのキーワードで検索しないとわかりません

キーワードプランナーの競合性の高低は、ライバルサイトの強さとあまり関係が無いので注意が必要です

 

入札単価が高くて、ライバルサイトが弱いキーワードを狙っていくのが基本ですが…

ただそれだけだとセールスばかりのコンテンツになってしまう傾向になるので、「調べる系」のキーワードの有益な情報提供し続けることで見込み客を集客、徐々に見込み客を自分の製品、ホームページ、ブログのファンになってもらい、購入する客に育てていくという方法も重要になってきます

 

3.Googleサーチコンソール

サーチコンソール

Googleサーチコンソール

 

Googleサーチコンソールは、自分のホームページ、ブログに対して、ユーザーがどういうキーワードで訪問してきたか調べることができるツールです

通称「サチコ」と呼ばれています

Googleサーチコンソールの登録方法は、以下のページを確認してください

Google Search Consoleに登録しよう | ferret[フェレット]

 

基本的に使い方は、調べたいサイトを選択して、「検索パフォーマンス」を選択します

サーチコンソール

 

合計クリック数、合計表示回数、CTR、平均掲載順位の4つの項目のうち、表示させたい項目を選択します

サーチコンソール

  • 合計クリック数 → Googleの検索結果画面からクリックして、ユーザーが自分のホームページやブログに訪れた回数
  • 合計表示回数 → Googleの検索結果画面に、自分のホームページやブログがユーザーの画面に表示された回数
  • 平均CTR → 合計クリック数を合計表示回数で割った値で、Googleの検索結果画面から自分のホームページへ訪れたユーザーの割合を意味します
  • 平均掲載順位 → Googleの検索結果画面で、上位何位で表示されているか

 

こういう感じで表示されます

サーチコンソール

この画面から例えば以下のような感じで、色々調べることができます

  • 想定したキーワードの掲載順位が低い場合は、コンテンツの内容がライバルサイトに劣っている可能性があるのでコンテンツを見直す

  • CTRが低い場合は、コンテンツの見出しやメタディスクリプションがユーザーが読みたくなるような内容になっていないので、見出しやメタディスクリプションを見直す

見出しやメタディスクリプションの設定方法は、以下の記事を参考にしてください

ホームページのSEO対策について最低限知っておくべき11のこと

 

このようにGoogleサーチコンソールで調べると、自分のホームページやブログの課題点や修正点が明確になってきますね

 

初心者にもできるキーワード選定の方法

ターゲットを明確にする

キーワード選定する前に、改めてターゲットとホームページの目的を明確にしましょう

ターゲットについてあなたはある程度意識していると思いますが、以下の質問の答えを考えてみてください

  • あなたのお客様はどのような悩みを持っている人たちですか?

単純にあなたのお客さんは、どういう悩みを持っている人なのか、明確にしてください

 

例として私たちの回答を挙げたいと思います

あなたのお客様はどのような悩みを持っている人たちですか?

  •  沖縄でホームページで集客したいが、集客できず悩んでいる方

 

ターゲットは悩み解消のためにどのようなキーワードで検索するのか?

次にターゲットが悩み解消のために検索するキーワードを推測して、実際にそのキーワードで検索してみましょう

悩みを抱えたユーザーになりきり、その悩み解消のためにキーワードを推測することが大切です

上記で紹介したGoodKeyword も活用して、検索キーワードを抽出して検索してみましょう

ここで検索したキーワードは、エクセル等にメモしておきましょう

 

検索してみてどうでしたか?悩みは解消されたでしょうか?

以下の質問に答えてみてください

  • 実際に検索してみて、不足している情報はなんですか?

現状の検索結果を見て、どういう情報が不足していたか考えてみましょう

 

例として私たちの回答を挙げたいと思います

実際に検索してみて、不足している情報はなんですか?

  • ホームページで集客する方法を網羅的に扱っているサイトがネット上に無い

 

ホームページの目的を明確にする

「お問い合わせの増加」「売上アップ」など、ホームページの目的は考えていると思いますが、今まで検討した「ターゲット」と「不足している情報」を踏まえて、以下の質問の答えを考えてみましょう

  • 自分はどのような情報をホームページやブログを通じて提供できるのか?
  • 誰のどんな悩みを解消するホームページ、ブログにするのか?

 

例として私たちの回答を挙げたいと思います

自分はどのような情報をホームページやブログを通じて提供できるのか?

  • これまで様々なホームページを作成した経験、アフィリエイトで培った集客する知識があるので、ホームページ集客の方法を初心者にわかりやすく提供する

誰のどんな悩みを解消するホームページ、ブログにするのか?

  • 沖縄でホームページ集客できずに困ってる方に、ホームページやブログで集客の方法を発信し、集客を増やし、そして会社の発展に貢献する

 

コンテンツを作成する際には、ココで決めた

  • ユーザーはどのような悩みを持っているのか?
  • 不足している情報はどのような情報なのか?
  • 自分はどのような情報を提供するのか?

を意識してコンテンツを書いていきましょう!

 

Googleキーワードプランナーで検索需要があるか確認する

上記で推測したキーワードとGoodKeywordで抽出したキーワード一覧を、Googleキーワードプランナーでさらに検索します

「キーワード候補をダウンロード」を選択すると、CSVファイルにキーワード候補のデータがダウンロードできるので、それをエクセル等に一覧として保存しておきます

キーワードプランナー

 

最終的にキーワード候補の数は数千という単位になるので、そこから100〜200のキーワードを選んでいきます

キーワードを選ぶ基準は、ターゲットが悩み解消のために、入力しそうだと思われるキーワードを選びます

検索ボリューム、競合性、入札単価は考慮しなくても良いです

ただ検索ボリュームが100以下の場合は、選定キーワードから外しても良いでしょう

 

選定したキーワードでコンテンツを作成する

選定した100〜200のキーワードでコンテンツを作成していきます

コンテンツ作成の方法は以下の記事を参考にしてください

ホームページのSEO対策について最低限知っておくべき11のこと

 

Googleサーチコンソールで定期的に効果測定を行う

コンテンツを作成したら、Googleサーチコンソールで効果が出ているか、3ヶ月スパンで確認してみましょう

掲載順位の低いキーワードは、ライバルサイトよりコンテンツが弱いので、コンテンツの見直しを行いましょう

CTRが低いキーワードは、見出しとメタディスクリプションの見直しを行います

 

また選定キーワードでコンテンツを書いていくうちに

「選定していないキーワードだけど、このキーワードはどうだろうか?」

というように新たなキーワードを思いつく場合があるので、3ヶ月スパンでGoogleキーワードプランナーを使って再度選定キーワードの見直しを行いましょう

 

その他のオススメキーワードツール6つ

先述した3つのツール以外にも、オススメなツールがあるので使い方を紹介したいと思います

 

キーワードツール – Keyword Tool

KeywordTool

キーワードツール – KeywordTool

 

Keyword ToolはGoogleキーワードプランナー同じように、関連キーワードを取得できるツールですが、Keyword ToolはYouTube、Amazon、AppStoreなどの関連キーワードが取得できるのが特徴です

 

下の図のように感じで検索すると、YouTubeならではの関連キーワードを取得することができます

Keyword Tool

YouTubeは集客に有効なメディアなので、YouTuberにとって重要なツールになるでしょう

 

Googleトレンド

Googleトレンド

 

Googleトレンドはキーワードの人気度の推移を調べることができるツールです

気になったキーワードは今後、検索数が伸びるのか?それとも検索されることが減っていくのか?

これらをある程度推測することができます

 

基本的な使い方は左側のメニューから「調べる」を選択します

Googleトレンド

 

気になるキーワードを入力します

Googleトレンド

 

このような感じで人気度の推移を確認することができます

Googleトレンド

例えば「沖縄」のキーワードの人気度は、波打ったグラフから毎年夏場に人気が急上昇することがわかります

全体的な傾向は2008年は人気度が下がり、2013年に人気度は回復しています

おそらくリーマンショックによる影響だと推測できます

 

検索されている国、期間、カテゴリー、検索の種類などを指定することも出来ます

・検索されている国

Googleトレンド

 

・期間

Googleトレンド

 

・カテゴリー

Googleトレンド

・検索の種類

Googleトレンド

 

急上昇ワードの一覧も調べることができますが、このキーワードでコンテンツを書いても一時的なアクセスアップしか望めないので、私はほとんど使っていません

Googleトレンド

 

aramakijake.jp

aramakijake.jp

http://aramakijake.jp/

 

aramakijake.jpは検索キーワードの検索数を詳細に調べることができるツールです

使い方は簡単でキーワードを入力して、チェックボタンを押すだけです

aramakijake.jp

 

このようにそのキーワードの月間検索数と、上位表示された時のアクセス数が確認することができます

aramakijake.jp

 

キーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツール

 

キーワード難易度チェックツールは、その名の通りキーワードの上位表示の難易度を測定するツールです

キーワードを入力して、「難易度をチェックする」を選択するだけです

キーワード難易度チェックツール

 

こういった感じで上位表示の難易度が数値として表示されます

難易度の数値が70以下の場合はライバルサイトが弱めみたいですね

キーワード難易度チェックツール

この難易度の数値は参考程度にして、実際に検索してライバルサイトを調査することを怠らないでください

 

SimilarWeb

SimilarWeb

SimilarWeb

 

キーワード選定ツールではありませんが、ライバルサイトの強さをある程度調べることができるツールです

キーワードを選定してライバルサイトを調査していると、ライバルサイトの強さが気になることがあります

SimilarWebはライバルサイトの強さを、ある程度予想することができるツールです

ライバルサイトのURLを入力して検索を行います

SimilarWeb

 

このような感じでライバルサイトのランクが表示されます

国ランクが参考になると思います

自分のサイトとライバルサイトの国ランクを比較することによって、ライバルサイトの強さがわかります

SimilarWeb

 

以前はアクセス数が少ないサイトでも、トラフィック概要に推定アクセス数が表示されていましたが、現在は相当なアクセス数があるサイトでないと表示されなくなりました

このあたりの仕様変更が少し残念ですね

SimilarWeb

 

どこからのユーザーがホームページにアクセスしたのか、確認することもできます

SimilarWeb

 

SEOチェキ

SEOチェキ

SEOチェキ

 

SEOチェキもSimilarWebと同じくライバルサイトをチェックできるツールですが、SimilarWebより詳細に調べることができます

ライバルサイトのURLを入力して、「チェック!」を選択します

SEOチェキ

 

このような感じで、ライバルサイトの情報が表示されます

SEOチェキ

 

キーワード出現頻度チェックなどは、ライバルサイトがどのキーワードを選定しているのかわかるので便利です

ライバルサイトの検索順位チェックなど詳細に調べることができるのですが、あまりライバルサイトの調査にここまで時間をかけるのはムダだと思うので、私はそこまでライバルサイトをチェックしていません

SEOチェキ

 

まとめ

キーワード選定の方法は参考になったでしょうか

キーワード選定ツールはあくまでも「ユーザーに価値のある情報を提供する」ために使うツールに過ぎません

「お宝キーワード発見!」「儲かりそうなキーワード発見!」といった感じで、利己のためにキーワード選定ツールに溺れることの無いように注意してください

キーワード選定ツールは「価値のある情報を提供するために、ユーザーが悩み解決のためにどのようなキーワードを使っているか?」を調べるために使うツールだということを忘れないようにしてください

 

 

集客に困っている中小企業で経営者、個人事業主の方へ、集客できるホームページを作成いたします

「デザインの良いホームページを作ったが、いつまでたっても集客できない」
「何十万の費用をかけて、ホームページを作ったのに、1年間に数回しかお問い合わせが来ない」
と嘆いているあなたへ、月額9,800円で集客できるホームページ+ブログを構築いたします

お問い合わせ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

このホームページが役に立ったと思ったら、クリックをお願いします


ネット広告・マーケティングランキング

 

またLINE@でも、役に立つ情報を発信しているので、友達登録よろしくお願いします!

友だち追加

友達登録すると、無料特典で集客できるホームページの作り方集大成の資料がダウンロードできます!

またQRコードからも、お友達登録できます

Web沖縄のQRコード

カテゴリー

月別記事一覧