これだけは知っておきたい!会社ホームページの作り方のポイント

ホームページ作成

ページコンテンツ

会社のホームページの作り方は2通り

会社のホームページをを作りたいけど、全く右も左も分からない…というあなたに向けて、会社のホームページ作成のポイントを解説したいと思います

 

会社のホームページを作り方は、主に以下の2通りあります

  • 自分で会社のホームページを作成する
  • ホームページ作成会社に依頼して、ホームページを作成する

 

そこで、この2つの方法のメリットデメリット、ホームページの作成方法、ホームページ制作業者の選定のポイントを解説します

具体的なホームページの作り方は、別の記事で解説したいと思います

 

自分で会社のホームページを作る

1つ目の方法は自分でホームページを作る方法があります

自分でホームページを作る方法は、いろいろ方法があり、それそれメリットデメリットがあります

 

自分で会社のホームページを作るメリット

安い費用でホームページが作成できる

自分で会社のホームページ作成する最大のメリットは、安い費用でホームページを作成できることです

ドメインの取得、レンタルサーバーの管理で月額1000〜5000円ぐらいで、ホームページを公開できます

 

自分のこだわったデザインのホームページを作ることができる

デザインが良い良いホームページを作るには、ある程度の学習が必要ですが、文章、画像の配置などを自分で自由に決めることができるので、自分でこだわったデザインのホームページを作ることができます

 

ホームページ作成ソフト、CMSを利用すれば簡単にホームページを作れる

自分でホームページを作るというと難しいというイメージがあります

しかしホームページビルダーなどのホームページ作成ソフト、WIX(ウィックス)、Jimdo(ジンドゥ)、WordPress(ワードプレス)などのCMSなどを使用すれば、アメブロなどの無料ブログを更新する要領で、簡単にホームページを作成することができます

ちなみにCMSとは、ホームページやブログなどを簡単に作成・更新できるように作られた、インターネットエクスプローラーなどのWebブラウザ上で動くソフトです

 

迅速にホームページの更新ができる

自分でホームページを作ったので、更新があったときにも簡単に早く更新することができます

自分でホームページを作成した場合は数時間〜1日でホームページの更新ができることが多いですが、ホームページ制作会社に更新を依頼するとだいたい数日かかることが多いです

 

自分で会社のホームページを作るデメリット

ドメイン・レンタルサーバーを自分で取得して、自分で運用管理しないといけない

ホームページ公開に必要な作業を、全て自分でやらないといけないのが、まずデメリットになります

ドメインの取得、レンタルサーバーの管理、メールアドレスの設定、バックアップの設定、SSL化の設定、CMSの構築など、ホームページ公開には結構細々とした作業があります

インターネットについて勉強している方や、ITエンジニアの方の場合はそこまでは難しい設定作業ではないですが、全くの初心者だとちょっと敷居が高いです

 

デザインにこだわり過ぎると、HTML/CSSの知識が必要になり学習コストが高くなる

ホームページ作成ソフトやCMSで簡単にホームページは作成できますが、デザインにこだわり過ぎると、HTMLやCSSなどを修正しなくてはいけなくなり、難易度が一気に高くなります

HTML/CSSは、ホームページを表示させるためのプログラミング言語だと思えば良いです

ホームページ作成の初心者だと、HTML/CSSの学習にかなり時間をかけなければなりません

 

個人で集客できるホームページを作るのは難しい

ホームページ作成自体は初心者でもホームページ作成ソフトやCMSを使用すれば簡単にできますが、集客できるホームページを作るのは自分ではかなり難しいです

検索エンジンの仕組み、SEO対策、Webマーケティング、コピーライティングなど、かなりの勉強が必要になります

 

障害対応なども自分でやらなければならない

サーバーがダウンした、ホームページの表示がおかしいなどの障害対応の自分でやらないといけないのもデメリットです

障害はめったにあるものではないですが、ホームページをスマホで表示させるとおかしいというのはたまにあります

このあたりの対応も、経験が必要なので、初心者はちょっと厳しいです

 

自分で会社のホームページを作る方法

HTML、CSSを直接書いて作る(コーディング)

初心者には全くおススメできませんが、HTML/CSSをテキストエディターで書いて、サーバーにファイルをアップして、ホームページを作成します

ちなみにHTML/CSSを直接書くことを、コーディングと言います

キレイなデザインにこだわりまくっているホームページ制作会社は、この方法で開発していることが多いです

慣れれば自由自在に自分の好きなデザインのホームページを作れますが、ホームページの更新作業がものすごく面倒臭いです

またレスポンシブ対応という、スマホやタブレットなどの画面サイズに合わせてホームページを見やすくレイアウトを変えるという技術がありますが、それをHTML/CSSで直に書くのは超面倒臭いです

ちなみにHTML/CSSについては、↓のサイトで勉強できます

とほほのWWW入門

おすすめ度:☆★★★★ (1/5)

 

ホームページ作成ソフトを利用する

ホームページビルダーやDreamweaverなどのホームページ作成ソフトで、ホームページを作成する方法です

マイクロソフトのWordの文書作成の要領で、ホームページを作ることができます

ただホームページ作成ソフトは無料ではなく、数万円で購入する必要があります

また最初は真っ白の画面で、文章を入力したり、画像などを貼り付けて作成していくので、全くの初心者は「デザインの良いホームページはどう作るの?」と戸惑います

 

ホームページビルダー

Adobe Dreamweaver CC

おすすめ度:☆☆★★★ (3/5)

 

CMSを利用して作成する

自分で会社のホームページを作成する方法で一番おススメなのは、CMSを使用してホームページを作成することです

料金の安いホームページ制作会社は、だいたいCMSを使ってホームページを作成しています

CMSはWordPress、WIX、Jimdoなどがあります。どれも使用するのは無料です(WordPressはドメイン・サーバー代がかかります)

この中ではWordPressが絶対オススメです。WordPressが集客できるホームページが作りやすいです

CMSはいくつかのテンプレートがあり、テンプレートを適用するとデザインが完成されているサンプルホームページが出来上がり、そのホームページの画像や文章を差し替えることでホームページを作成していきます

初心者でもアメブロなどの無料ブログを更新する感覚で、デザインがある程度完成されているホームページを簡単にできます

 

WordPress

WIX

Jimdo

おすすめ度:☆☆☆☆★ (4/5)

 

ホームページ制作会社に頼んでホームページを作る

あと1つの方法は、ホームページ制作会社に依頼して作る方法があります

メリットデメリットは、以下のとおりです

 

業者の頼んでホームページを作成するメリット

デザインが良いホームページがおまかせで作れる

デザインがウリのホームページ制作会社はたくさんあり、ある程度の要望を伝えるだけでデザインの良いホームページができます

お金をかければ、Appleのホームページみたいなとてもキレイなサイトも作ることができます

 

ホームページ作成の手間が省ける

自分でHTML/CSSの勉強、ホームページ作成ソフトの使い方、CMSの使い方などを学習しなくても、ホームページが作成でき、ホームページ作成の手間を省くことができます

 

ホームページの管理、更新、障害対応を任せることができる

初心者では難しいホームページの管理、更新、障害対応を制作会社に任せることができます

ホームページを管理する手間が省け、本来の業務に集中することができます

 

制作会社に頼んでホームページを作成するデメリット

ホームページ作成費用が高い

ホームページ作成費用が、とにかく高いのが一番のデメリットです

安くても10万円前後、高いのになると50〜60万円、大手企業のブランドサイトみたいな規模になると100万円以上ととんでもない値段になります

数万円でホームページができるという制作会社もありますが、たったの5ページしか作らないとか、SEO対策などは別料金など、制約が多いです

 

ホームページの修正、更新に時間がかかる

ホームページの修正、更新に時間がかかる場合があります

ホームページ制作会社は、いくつかの顧客のホームページを作成しているため、修正依頼を行っても、修正に数日かかることがあります

また大幅なリニューアル、新規ページ作成の場合は、別料金が請求されます

 

集客できるホームページはできるかは微妙

ホームページ制作会社はホームページ制作のプロであって、集客のプロではありません

デザインの良いホームページはできても、集客できるホームページを作れる会社はほとんどありません

とりあえずホームページを作成して、集客は自分で行うという場合は良いのですが、ホームページで集客までしてほしいと言うのであれば、集客までサポートするホームページ制作会社を選びましょう

 

ホームページ制作会社を選ぶポイント

ホームページ制作会社を選ぶ際に、必ずおさえておきたいポイントを解説します

 

ホームページ作成の料金は明確であるか?

できれば最初から料金が明確である制作会社か、ある程度の金額の目処がわかる制作会社を選びましょう

また最低金額ではなく、総額を提示してくる制作会社が良いでしょう

最低金額では、いくら安くてもホームページを制作していく上で、意外な別料金が発生して、結局は高くなってしまったというケースがあるので注意が必要です

集客までして欲しい場合は、SEO対策、集客のサポート、記事作成のサポートまで、行ってくれるか必ず確認してください

数万円ぐらいの安い料金の場合は、ホームページ作成完了までの料金である場合が多く、メンテナンス、SEO対策、集客サポートは別料金になっていることがほとんどです

 

制作会社のホームページは専門用語だらけではないか?初心者にもわかりやすく書いているか?

「HTML」「CSS」「LP」「SEO」「SEM」「CMS」「SSL」「コーディング」「レスポンシブWebデザイン」など訳のわからない用語が多いWeb業界

これらの用語をなるべく使わずに、わかりやすくホームページに書かれている制作会社が良いです

ホームページ、ブログのライティングの基本は、初心者をターゲットにし、初心者にもわかりやすい言葉で書くのが基本です

それらを守られていない制作会社のホームページは、少なくとも集客できていないホームページであることに間違いありません

 

ホームページ制作会社の人の話は、初心者でもわかりやすく話してくれるか?

ホームページ制作会社の人は、デザインにかなりこだわりを持つ職人気質な人が多く、一般の人に話す場合も専門用語を乱発しがちです

打ち合わせの際に、恥ずかしがらずに、わからない用語があった場合は、遠慮なくどんどん質問してみましょう

初心者にわかりやすく説明ができない制作会社は、その後にホームページを作成することになると、コミュニケーションがうまく取れずに、その結果要望とは違うホームページができる場合があります

「制作会社の言うことが専門用語だらけでよくわからないけど、なんとなく凄いホームページができそう」と感覚でホームページ作成を依頼することは絶対にやめましょう

 

制作会社のホームページは集客できているか?

制作会社のホームページを調べることで、ホームページで集客できているか、ある程度確認することができます

もちろん集客できているホームページ制作会社良いことは、言うまでもありません

集客できている制作会社のホームページを調べるポイントを解説します

 

・その制作会社は有益な情報を提供しているか?

その制作会社は、有益な情報を発信しているかどうかをチェックしてみましょう

会社情報、サービス内容、料金など、売り込みしかしていないホームページは、間違いなく集客できていいません

その制作会社のホームページ以外に、ブログ、Twitter、Facebookページなどがある場合は、必ず内容をチェックしましょう

それらの内容が、内輪話ばかり、徒然日記、売り込みばかり、セール内容ばかりであれば、集客できていません

 

・その制作会社の会社情報、求人情報をチェックする

制作会社のホームページの会社情報や求人情報をチェックしましょう

営業系の部署がないか、営業の求人情報がないかをチェックします

部署名は営業部みたいなわかりやすい名前ではなく、企画部、マーケティング部みたいなわかりにくい名前になっていることもあります

また沖縄の場合は、東京に関連会社がある場合は、そこで営業部があり、営業している可能性が高いです

営業系の部署があるということは、人が営業しないと集客できないことを表しており、ホームページで集客できていないことを意味します

 

・制作会社のホームページ、ブログのアクセス数をチェックする

「SimilarWeb」というサイトで、ホームページの大体のアクセス数をチェックできます

SimilarWeb

大まかなアクセス数でOKです。正確なアクセス数を調べる必要はありません

SimilarWebの左上の項目に、制作会社のホームページやブログのアドレスを入力して、虫眼鏡のボタンを押します

SimilarWeb

 

以下のような、結果画面が表示されます

「トラフィック概要」に本来はアクセス数が表示されますが、ある程度アクセス数が多くないと表示されないので、「国ランク」の表示に注目します

SimilarWebのランク画面

「国ランク」とは、この場合は日本でのアクセス数のランキングになります

この画像の場合は、日本でのランキングは「174,666位」になります

つまり集客できているほど、上位にランキングされる仕組みになっています

私の感覚で言うと、20万位以下であれば集客できているサイトだと感じます

人気ブログのランキングと比較したり、有名サイトと比較したり、ホームページ制作会社同士のランキングを比較すると、この制作会社は集客できている、この制作会社は集客できていないなどがわかるようになります

沖縄の場合は、沖縄の人気ブロガーのブログのランキングと比較すると面白いでしょう

 

実績から、顧客のホームページを確認して、集客できているか確認

ホームページ作成会社のホームページには、制作実績が必ずあるはずです

そこから顧客のホームページをいくつか訪れてみて、制作会社のホームページと同様に、有益な情報が提供されているか?アクセス数はどうなのか?をチェックしてみましょう

 

まとめ

会社のホームページの作り方は、参考になったでしょうか?

今回のまとめを以下に記載します

  • 会社のホームページの作り方は、自分で作成方法とホームページ作成会社に依頼する方法がある
  • 自分でホームページ作成する場合は、費用は安いが、学習コストが高く、管理は自分でやらないといけない
  • 自分でホームページを作る場合は、CMSを使用するのがおススメ、特にCMSはWordPressがおススメ
  • ホームページ制作会社に依頼する場合は、おまかせでデザインの良いホームページができるが、費用が高い
  • ホームページ制作会社に依頼する場合は、有益な情報を発信しているか、制作会社の説明がわかりやすいか、ホームページで集客できているかチェックする

 

集客に困っている中小企業で経営者、個人事業主の方へ、集客できるホームページを作成いたします

「デザインの良いホームページを作ったが、いつまでたっても集客できない」
「何十万の費用をかけて、ホームページを作ったのに、1年間に数回しかお問い合わせが来ない」
と嘆いているあなたへ月額9,800円で集客できるホームページ+ブログを構築いたします

お問い合わせ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

このホームページが役に立ったと思ったら、クリックをお願いします


ネット広告・マーケティングランキング

 

またLINE@でも、役に立つ情報を発信しているので、友達登録よろしくお願いします!

友だち追加

友達登録すると、無料特典で集客できるホームページの作り方集大成の資料がダウンロードできます!

またQRコードからも、お友達登録できます

Web沖縄のQRコード

カテゴリー

月別記事一覧