コピーライティング

初心者でも絶対に成果が出る!効果的な広告・告知・PRの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
誰でも成果が出る、広告の書き方とは?

「ホームページで自社サービスをPRしたいけど、どういう内容を書いてよいのかわからない」
「ランディングページ(商品を売り込むために特化したWebページ)で、どうやって商品を売り込めばよいのかわからない」
「インターネットの広告、メルマガ、チラシ、ダイレクトメールなどで自社の商品・サービスをPRしたいけど、どういう内容を書けば良いのか?」

とにかく自分の製品やサービスをPRしたいけど、どうやって売れる文章を書いてよいのかわからない方が多いと思います

そこで、この記事では自分の商品やサービスを効果的にPRできる書き方のポイントを解説したいと思います

この記事で書いたポイントを徹底的におさえれば、お客様のお問合せがあったり、商品を購入してもらったり、必ず何らかの成果は絶対にあります

逆に言うとここで書いたポイントが欠けていたり、不十分だったりすると「売れない」「集客できない」ということになります

ここで解説したポイントをおさえて、広告・PR文の内容やホームページに書く内容を見直してみてください

1.「誰のための製品・サービスなのか?」を明確に書く

誰のための製品・サービスなのか明確にする

以下がよくある、ダメな見出しの付け方の例です
私がネット上の広告を見てみると、こういう見出しの付け方が90%ぐらい占めています

  • ホームページを○○円で作ります!
  • 絶対に痩せるダイエット方法を教えます!
  • エアコンクリーニング承ります
  • イラストをデザインします!
  • 沖縄市の手作りおにぎりのお店です

なぜこれらの見出しがダメなのでしょうか?
「誰に対して」という部分が抜けているからです

「ホームページの作り方を教えます」と言っても、デザインの良いホームページを作りたい人でしょうか?集客できるホームページを作りたい人でしょうか?低価格でホームページを作りたい人でしょうか?

「イラストをデザインします」と言っても、男性向け・女性向け?ホームページなどのWeb媒体のイラスト?チラシやPOPなどの紙媒体のイラスト?人物のイラスト?機械や自然などのイラスト?

「誰に対して、製品・サービスを提供するのか?」が明確でないタイトルは目につきにくいので、一瞬でスルーされてしまいます

最低限、見出しには「誰に」対して「どのような製品・サービスを提供する」かを明確にしてください

以下に「誰に対して、製品・サービスを提供する」ことを明確にしたタイトル例を挙げたいと思います

  • 中小企業で集客に困っている経営者の方へ、160日で集客できるホームページを作成します
  • 40代のダイエット中の主婦の方へ、3ヶ月で効果が出るダイエット法を教えます
  • 肩こり、頭痛に悩んでいる方、1日5分で肩こりが治るストレッチ法を教えます
  • 我流メイクで「どうも化粧がうまくいかない」と悩んでいるあなたへ、たった2時間でメイクの基礎が全て学べます

これは見出しだけではなく、ホームページなどで製品・サービスを紹介する場合も、「誰のための製品・サービスなのか」を明確にして書いてください

2.「ビフォー・アフター」を明確に書く

ビフォー・アフターを明確にする

劇的ビフォー・アフターという、TV番組は人気があったので、今でも覚えている方も多いと思います

「何てことでしょう!築○○年の古い家が、匠の技によって見違えるように便利に…」
「何てことでしょう!廃墟同然の家が、予算○○万円で見違えるようにキレイに…」

という感じで、感動的に良くなったことを、この番組では大げさなほどの、効果音、ナレーションでうまくアピールしています

自分の製品・サービスなども、この劇的ビフォー・アフター同じように、アピールすれば、お客さんに響くようになります

ビフォー・アフターで感動が大きくなればなるほど、お客さんは「たくさんのお金を払いたい」「お金を払ってよかった」と思うようになるのです

例えば、マクドナ○ドのハンバーガーは高いお金を払いたいとは思わないですよね
それは、食べてとてもおいしいという感動が少ないからです
ビフォー・アフターの感動の揺れ幅が小さいからです

しかし、高級寿司店で最高の大トロは、高いお金を出しても食べたいと思いますよね
それは、とろけるような舌触りとか、上品な味とか食べたときの感動が大きいからです
つまり、ビフォー・アフターの感動の揺れ幅が大きいからです

このように自分の製品やサービスで「ビフォー・アフターで何が変わるのか」を明確にして、「お客さんはそれでどういうふうに感動するのか」を考えて、製品・サービスをPRする文章を考えてみてください

3.具体的な「数字」を入れる

具体的な数値を明確にする

ビフォーアフターで、お客さんが感動できるようなアピールをすると、前項では書きましたが、それではどうやって感動できるようなアピールをするのでしょうか?

もっとも簡単な方法は、「具体的な数字入れる」方法です

具体例を挙げますので、自分の製品・サービスを数字でアピールできないか考えてみましょう

  • たった3ヶ月で効果が出るダイエット方法
  • 半年でホームページのアクセス数が月間100アクセスから月間10000アクセスに!
  • ホームページ制作実績、1000件
  • 10分以内で簡単に作れる、料理のレシピを20品伝授します
  • 半年で、TOEICの点数が300点から900点
  • 合格者数が10年間で、1000人以上輩出
  • 8割以上の人から、この商品を買ってよかったとの感想を得ています

4.自分がどういう人・会社なのか明確に説明する

プロフィールを書く

ビフォー・アフターでお客さんに感動を与えると同時に、お客さんが製品・サービスを購入するにあたって感じる不安を極力取り除くことが重要になります

お客さんの立場になって、自社の製品・サービスを購入する時に感じる不安を挙げてみて、その不安を取り除くにはどうすればよいのか考えてみましょう

その不安を取り除く良い方法が、自分がどういう人・会社なのか明確に説明することです

つまりお客さんの不安を取り除き、信頼を得るために、自分や自社のプロフィールを書きましょう

よくITスタートアップ企業でありがちですが、専門知識、専門用語を並べて「いかにも自分が博識で、高度なビジネスモデルを考えているか」をかっこよく自慢して披露する人がいますが、これは逆効果です

お客さんの不安を取り除いて、信頼を得るためにプロフィールは書きましょう

かっこ悪くても、泥臭くても、お客さんの不安を取り除き、信頼を得れれば良いのです
よく自分の失敗談を赤裸々に語ったり、本に書いたりする経営者がいますが、それは自分の失敗談を語ることで、お客さんの信頼感を得るという狙いがあるのです
あまり失敗していないのに、わざと大きな失敗したかのように、語るエリート経営者もいるほどです

プロフィールには、かっこつけずに、ありのままに、以下のことを書きましょう

  • 自分の実績(資格、経験など)
  • 自分のストーリー(なぜ、このビジネスをやろうかと思ったか、など)
  • お客さんのこと(どんな人が来て、どんな成果を挙げたのかなど)

前項に書いたように、プロフィールも具体的な数字を入れて書きましょう

プロフィールは、アピールするのではなく、お客さんに不安を取り除き・信頼させることを目的に書いてください

5.人・会社・現場を「見えるように」する

写真を載せる

お客さんの不安を取り除くためにプロフィールを書きますが、もう一つの良い方法は、写真で自分の顔写真や会社の様子、セミナー会場などの現場をさらけ出すことです

お客さんは「なんだかよくわからない…」「信頼できる人がサービスを提供してるのか…」「悪徳業者で騙されないだろうか…」ということに不安を感じています

そこで大事になことは、写真で自分をさらけ出すことです

よく会社のホームページで、フリー画像だけが使われていて、自分や自社の写真が載っていないケースがありますが、それではお客様から信頼を得ることができません

「自分の顔写真を出すのは恥ずかしい」「身近な人に見られたらどうしよう」「個人情報が漏れたらどうしよう」大多数の人は思いますが、それを乗り越えることで他と圧倒的な差をつけることができます

最低でも「経営者、スタッフの顔写真」「会社の様子」「現場でサービスを行っている様子」「セミナー会場の様子」などは、載せるようにしましょう

6.相手に「伝わる言葉」で書く

相手に伝わる言葉で書く

かっこいい言葉、凝った表現ではなく、お客さんにわかりやすい言葉で書くことが重要です

これは最も基本的なことだと思いますが、これができていない広告、ホームページはたくさんあります

相手に伝わる言葉で書かれているか、以下のポイントを確認してください

  • 箇条書きで、ポイントを絞ってわかりやすくなっているか
  • 難しい表現、専門用語を使っていないか
  • 狙った表現、オリジナルワードを使っていないか

難しい専門用語、狙った表現、オリジナルワードというのは、インターネットの広告でよく見る以下のような表現のことです

  • 各種専門家によるメンタリングブレストなどを行い、企業のビジネスモデルやプロダクトブラッシュアップハンズオンで支援します(専門用語連発)
  • マネージメントの現場にクレドを導入し、コーポレートガバナンスの向上、CSRコンプライアンスの遵守を目指します(専門用語連発)
  • メタディクリプションメタキーワード、H1タグに適切なキーワードを設定して、XMLサイトマップをGoogleに送信、クローラーに認識させる事によって、検索エンジン上位にホームページを表示させます(専門用語連発)
  • 1日たった5分の作業で、あなたの成功は約束されます(狙った表現)
  • 魔法のような黄金メソッドを伝授します(狙った表現)
  • 誰にも知られていない、お金を稼ぐ秘密の方程式をこっそり教えます(狙った表現)
  • 「超次元デザインWebサイト」の作り方を教えます(オリジナルワード)
  • 「キラキラ☆ハッピー♪ピラティス」をやってみませんか?(オリジナルワード)
  • 「ジョブズもビックリ!感動!スペシャルプレゼン資料」の作り方(オリジナルワード)
  • 「話題沸騰超絶マネージメントスキル」を身に付けませんか?(オリジナルワード)

こういう表現は、ITスタートアップ企業に多いですね
ITスタートアップ企業の9割は失敗すると言われていますが、このあたりが原因の一つだと思います

こういう表現は、お客さんが具体的なイメージが湧かないので、不安感と不快感が増し、製品・サービスを買うという話しどころでは無くなります

7.最後にお客さんに「何をして欲しいのか?」を明確にする

お客さんに何をして欲しいのか明確にする

最後にお客さんに、何をして欲しいのか明確にしましょう

  • ぜひお気軽に、こちらへお問い合わせください!
  • 商品を購入するならこちら
  • 無料お試しセットはこちらから
  • ぜひこちらからセミナーに申し込んでください!
  • こちらから、マッサージ無料体験を申し込んでください!
  • 沖縄のキレイな海を眺められるツアーを一緒に楽しみましょう!申込みはこちら

たまに、製品・サービスなどの特徴や値段だけで終わっている広告ありますが、それではお客さんはどうして欲しいのかわかりません

必ずお客さんにどうして欲しいのかを明確にし、最後のひと押しをしましょう!

売れている製品の紹介ページをそのままマネる

「どう考えても、よいPRの文章が思いつかない」
「いろいろ考えたけど、良い文章がなかなか書けない」
「ランディングページをどうしても書けない」

そういうあなたのための究極的な手段は、「売れている商品の紹介ページ」をそのまま、マネることです

普段何となくインターネットをしていたり、競合相手のホームページなどを見て、「これは良いな〜」「これ欲しいな〜」「これ買いたいな〜」とつい思ったことはありませんか?

要は「これは良いな〜」と思った商品紹介ページをそのまま、マネするのです

マネすると言っても、そのままコピペするのはまずいですが、文章の書き方、画像、レイアウトなどを、自分の商品・サービスに合わせて、変更やアレンジします

そうすることによって、文章が書くのが苦手な人でも、ある程度書けると思います

まとめ

文字数などの制限などで、全てのポイントを詰め込むことができない場合があります
最低限「1.「誰のための製品・サービスなのか?」を明確に書く」「2.「ビフォー・アフター」を明確に書く」は盛り込んでください

  1. 「誰のための製品・サービスなのか?」を明確に書く
  2. 「ビフォー・アフター」を明確に書く
  3. 具体的な「数字」を入れる
  4. 自分がどういう人・会社なのか明確に説明する
  5. 人・会社・現場を「見えるように」する
  6. 相手に「伝わる言葉」で書く
  7. 最後にお客さんに「何をして欲しいのか?」を明確にする
  8. 売れている製品の紹介ページをそのままマネる

これらのポイントをおさえて、広告や告知の文章、ホームページの内容などを考えてみてください

これらのポイントをしっかりおさえれば、必ず成果を得ることができます

参考文献

神速スモール起業

新品価格
¥1,400から
(2018/12/29 13:14時点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

集客に困っている中小企業で経営者、個人事業主の方へ、たった1年で劇的に集客できるホームページを作成いたします

「デザインの良いホームページを作ったが、いつまでたっても集客できない」


「何十万の費用をかけて、ホームページを作ったのに、1年間に数回しかお問い合わせが来ない」


と嘆いているあなたへ


月額9,800円で集客できるホームページ+ブログを構築いたします


ホームページ制作でドメイン取得費用、レンタルサーバー代、ホームページ・ブログ作成費、集客(SEO)対策など全て含みます


また、集客できるブログ、キャッチコピーの書き方も指導いたします


お気軽にお問い合わせください


丁寧、わかりやすさを心がけて、対応いたします


詳細はこちら